はじめに

 まず初めになぜ人工透析(血液透析)が必要なのかをご説明致します。
人間の体は生きているだけて常に酸化し老廃物を出しています。その管理をしているのが腎臓という臓器です。
腎臓の働きをまとめると・・・・・下記の表のように沢山あります。

働き 説明
①血液中の老廃物排泄。 腎臓で血液を濾過し余計な老廃物を除去します。老廃物は尿として排泄されます。
②体の水分調整。 尿の濃さや量により体内の水分量を一定に保ちます。
③電解質バランスの調節。 血液に含まれるナトリウム、カリウム、カルシウムなどを調節します。
④血液を弱アルカリ性にする。 人は常に酸化している為、腎臓で酸を中和し弱アルカリ性に保ちます。
⑤ビタミンDの活性化。 ビタミンDを活性化ビタミンDにしカルシウム吸収を促進します。
⑥造血刺激ホルモンの分泌。 腎臓からはエリスロポエチンというホルモンが出ておりそれが不足すると貧血になります。
⑦血圧の調整を行う。 血圧を上げるホルモンが出ています。
⑧不要になったホルモンの分解・排泄を行う。 体にとって不要なホルモンを選択し、壊したり、捨てたりしています。

全て覚えるのは大変ですが、腎不全となりこの①~⑧までの項目をコントロールできくなってしまうと、尿毒症や高カリウム血症、むくみ、溢水など色々な症状が出てきてしまいます。そこで必要になるのが血液透析です。血液透析で代用できる項目は①・②・③・④までです。あとの⑤~⑧までは薬の力を借りてコントロールしていきます。
ここで重要となるのは①・②・③・④の透析で補う項目も健康な腎臓では1日24時間やっているという事です。透析患者様では1回の透析で1日4時間しか腎臓の代行をすることができません。そのため、透析を行っていても水分の摂り過ぎや電解質の摂り過ぎには注意しないと溢水を引き起こしたり、高カリウム血症により心停止してしまう恐れがあり注意が必要です。水分の摂り過ぎによる度重なる透析での無理な除水はシャントトラブルや脳梗塞、心筋梗塞など循環障害の原因となるので気をつけましょう。

 

間歇補充型血液透析濾過(I-HDF)とは

I-HDFとは、最も新しい透析療法で今注目されている治療です。

決まった時間で間歇的に補液をしてあげる事で、血圧の低下を引き起こしてしまう患者様や高齢者の方で、どうしても透析をする事で疲れてしまう方に有効と考えられています。また、通常の透析では抹消循環障害が起こりやすい為、間歇的に補液をしてあげることで、抹消循環障害が軽減されると考えられています。人工腎臓はオンラインHDFと同じヘモダイアフィルターを使用しております。

β2ーMGやα1ーMGなどの大分子領域の除去についての位置づけとして、HD<I-HDF<<オンラインHDFとなります。

日本透析医学会学術大会にて報告されている効果

①血圧低下時の処置回数の軽減

②透析による抹消循環障害の軽減

③透析後倦怠感の軽減・痙攣の軽減

④血圧低下予防

⑤貧血改善効果

などがあります。

血液透析の合併症