はじめに

 まず初めになぜ人工透析(血液透析)が必要なのかをご説明致します。
人間の体は生きているだけて常に酸化し老廃物を出しています。その管理をしているのが腎臓という臓器です。
腎臓の働きをまとめると・・・・・下記の表のように沢山あります。

働き 説明
①血液中の老廃物排泄。 腎臓で血液を濾過し余計な老廃物を除去します。老廃物は尿として排泄されます。
②体の水分調整。 尿の濃さや量により体内の水分量を一定に保ちます。
③電解質バランスの調節。 血液に含まれるナトリウム、カリウム、カルシウムなどを調節します。
④血液を弱アルカリ性にする。 人は常に酸化している為、腎臓で酸を中和し弱アルカリ性に保ちます。
⑤ビタミンDの活性化。 ビタミンDを活性化ビタミンDにしカルシウム吸収を促進します。
⑥造血刺激ホルモンの分泌。 腎臓からはエリスロポエチンというホルモンが出ておりそれが不足すると貧血になります。
⑦血圧の調整を行う。 血圧を上げるホルモンが出ています。
⑧不要になったホルモンの分解・排泄を行う。 体にとって不要なホルモンを選択し、壊したり、捨てたりしています。

全て覚えるのは大変ですが、腎不全となりこの①~⑧までの項目をコントロールできくなってしまうと、尿毒症や高カリウム血症、むくみ、溢水など色々な症状が出てきてしまいます。そこで必要になるのが血液透析です。血液透析で代用できる項目は①・②・③・④までです。あとの⑤~⑧までは薬の力を借りてコントロールしていきます。
ここで重要となるのは①・②・③・④の透析で補う項目も健康な腎臓では1日24時間やっているという事です。透析患者様では1回の透析で1日4時間しか腎臓の代行をすることができません。そのため、透析を行っていても水分の摂り過ぎや電解質の摂り過ぎには注意しないと溢水を引き起こしたり、高カリウム血症により心停止してしまう恐れがあり注意が必要です。水分の摂り過ぎによる度重なる透析での無理な除水はシャントトラブルや脳梗塞、心筋梗塞など循環障害の原因となるので気をつけましょう。

血液透析(HD)とは

血液透析(HD)に使用する機械一般的に皆様に知られている言葉の人工透析は正確には血液透析の事を指しています。
血液透析は血液を体内から外部へと出してダイアライザー(人工腎臓)と機械を用いて血液を綺麗にし再び体内に循環させます。血液を綺麗にする為には1分間に約200mlの血液を取り出す必要があり、これを長時間持続させる為、普通の血管ではこれだけの血液流量は確保できません。そのためシャントを作成する必要があります。
透析の原理は、拡散と濾過によって行っております。腎不全により血液に溜まった不要な毒素や電解質は透析液に排泄し必要な電解質は透析液から補充されます。透析を導入されたばかりの患者様では不均衡症候群という症状が現れる事があります。頭痛やめまい、吐き気などが主な症状ですが、これは血液に溜まった老廃物や毒素、電解質などを透析によりキレイにすると頭より、まず先に身体の血液がキレイになるため頭との濃度差が生じて起こります。体が透析になれていけば徐々に起こりにくくなります。当クリニックでは不均衡症候群を起こさないように、グリセオールという点滴や透析条件を体が慣れるまで緩くし徐々に慣らしストレスの少ない透析導入のサポートを心がけております。

ダイアライザーとは

ダイアライザー(人工腎臓)ダイアライザー(人工腎臓)とは、血液と透析液が接触して老廃物が除去される部分を指します。
ダイアライザーは人工の膜でできた細く穴の空いた管が約8000~2万本も束ねられて構成されており、その膜は腎臓の糸球体に似た機能を果たします。
この細い穴の空いた管の内側を血液が通りその外側を透析液が交差するように流れ、管の穴を通して体に必要なものと必要じゃない物とを拡散と濾過により物質交換する仕組みで血液を綺麗にしています。小さな穴が空いていると書きましたが、血液中の赤血球・白血球・タンパク質など体に必要なものはダイアライザーの穴を通らない仕組みになっています。また、体に必要の無い比較的大きさの小さいBUN(尿素窒素)・Cr(クレアチニン)・UA(尿酸)などの尿毒素やK(カリウム)・P(リン)などの電解質は透析液に移動しそのまま排泄します。
透析で重要となってくるのは、血液と透析液が管の膜を介して接触するため、とても綺麗な透析液が必要となります。当クリニックではオンラインHDFという普通の血液透析より何十倍もの厳しい基準をクリアした透析液を使用しているため、より安心安全な透析を提供しております。
また毎月、検査データーや病態・病状に基づき最良なダイアライザーを選択しております。

血液透析の合併症