泌尿器科系 がん(悪性腫瘍)

泌尿器系のがん(悪性腫瘍)には腎臓がん、膀胱がん、前立腺がんなどがあります。
当クリニックでは検査を行なった上で適切な診察・診療を行います。
泌尿器系のがんは、早期発見がもっとも重要です。血尿が出た、尿の出が悪い…など気になる症状の場合は、すぐにお越しください。

腎臓がんとは

疝痛(突然背中から脇腹が痛み腰をそるぐらいの激痛が走ります。)冷汗、吐き気、血尿、頻尿、残尿感、排尿痛といった症状が現れます。

治療

腎臓に発症する悪性腫瘍のほとんどが腎細胞がんで50歳以上の男性に多くみられます。
初期では自覚症状がないため、血尿などの症状がありはじめて診断した時には既に肺や骨などに転移していることもありますので、検診での早期発見、早期治療が大切です。
最近では、血尿がみられないような小さながんでも、腹部エコーの発達により発見できるようになり早期がんの段階での発見も多くなりました。
主な治療は腎臓の摘出手術です。腎臓は2つあるため、がんのある側を全摘出、あるいは部分切除しても生活に支障はりません。
他の臓器への転移がある場合は、インターフェロンなどの免疫力を高める療法が有効とされています。
何度も繰り返し言いますが腎臓がんは、早期発見、早期治療が大切です。50歳以上の方は、腹部のエコー検査を年1 回は受けることをお勧めします。

膀胱がんとは

膀胱がんの多くは膀胱内の細胞が、がん化したもので40歳以上の男性に多くみられます。
男性は女性の約3 倍の発症率で泌尿器科では最も頻度の高い悪性腫瘍です。
膀胱がんの初期症状は血尿です。但し、1~2 回の痛みなどを伴わない血尿で自然におさまってしまう場合がありますので、手遅れになる前に血尿がある場合は、必ず医療機関にかかることが重要です。
症状によって治療は異なります。早期発見の場合は、内視鏡や電気メスによる病変の切除が可能ですが、進行している場合は、膀胱を摘出することがあります。
膀胱を摘出した場合は、尿管から皮膚を通して体外へ尿を排出できるように人工尿路をつくりますが、高齢者には重い負担となるため、放射線や抗がん剤治療などを併用することもあります。
また、膀胱がんは、多発、再発しやすい病気ですので、治療後も定期的に検査を受けて経過を観察する必要があります。
血尿が出る、排尿の際に痛みがあるなど何か不安なことがある際は一度当クリニックにご相談ください。

前立腺がんとは

男性特有の前立腺がんは、膀胱の下にある精液の一部をつくる前立腺にできる悪性腫瘍です。
前立腺がんは、米国で多くありましたが、日本でも生活スタイルが欧米化してきた結果、毎年増加の傾向にあります。 前立腺肥大症と前立腺がんは尿の切れが悪い、尿が近い、出にくいなど症状が似ている部分がありますが、PSA検査(血液検査)を行い判明できます。
また、前立腺がんは骨に転移しやすいのが特徴で背骨に転移して腰痛が起きてから発見されることもあります。
前立腺がんは進行が遅く、男性ホルモンに大きく関係しているがんのため、ホルモン療法で治療が可能となります。
前立腺がんは、初期は自覚症状がないことが多いので、男性の方で50歳以上の方は、早期の検査をお勧めいたします。
何か思い当たる点や不安な際は一度当クリニックにご相談ください。

検査内容

検査にはPSA検査(血液検査)、直腸診検査、超音波検査の3つの方法があります。
3つの検査をすべて行うと診断の確実性は増しますが、必ずしもすべての検査が必要ではありません。
短時間で患者様への負担も少ないPSA検査(血液検査)がご希望される方が増えております。

  • PSA検査
  • 直腸診検査
  • 超音波検査