尿路結石症とは

尿路内にできた結石を尿路結石といいます。できた部位によって腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石にわかれます。
尿路結石の多くは、シュウ酸カルシウムなどのカルシウムを主成分とした結石が主に腎臓でつくられます。
結石はおしっこの流れにのって尿管内を移動して尿管の狭いところを通過するときに詰まり激痛を伴うことがあります。
尿路結石は、約半数近くの人が再発すると言われている為、予防には食事を含めた生活習慣の改善が必要です。

尿路結石の症状

疝痛(突然背中から脇腹が痛み腰をそるぐらいの激痛が走ります。)冷汗、吐き気、血尿、頻尿、残尿感、排尿痛といった症状が現れます。

治療

症状によって異なりますが、5mm以下の結石に関しましては、鎮痛剤で痛みを止めながら水分を多く摂り自然に結石が排出されるのを待ちます。
できてしまった結石が大きい場合や激しい痛みがある場合は、衝撃波をあてて結石を粉砕させる体外衝撃波結石破砕術や内視鏡を使いレーザーや超音波で結石を砕いて取り出す経尿道的尿管結石破砕術などの治療法があります。

検査

検尿
尿中の成分を調べ、血尿の有無、細菌の存在、結晶の有無などの診断を行います。
画像診断
レントゲンや必要な方は関連施設の親水クリニックにてCTの検査を行い診断を行います。
超音波検査
超音波検査では、結石により腎臓が腫れた状態(水腎症)かを検査致します。

再発予防について気をつけること

  • 1日2リットル以上の尿が出ることを目標に水分補給を十分に行う。
  • アルコールやジュースは控える。
  • 砂糖、動物性たんぱく質、塩分の過剰摂取を控える。
  • シュウ酸を多く含む食品はカルシウムと一緒にとる。
  • 適度な運動を行う。
  • バランスの良い規則正しい食事を心がける。