尿路感染症とは

尿路とは、尿が作られて排出されるまでにたどる、腎臓、尿管、膀胱、尿道のことをいいます。この尿の通り道に細菌が感染し、炎症が起こるものを「尿路感染症」といいます。 尿路感染症の多くは、尿道口から侵入した細菌が尿路をさかのぼって感染、炎症を起こす「上行性感染」によるものです。とくに女性は尿道が短いため、尿路感染症にかかりやすいといわれています。主な尿路感染症には「腎盂腎炎(じんうじんえん)」、「膀胱炎」、「尿道炎」があります下記に詳しい症状や治療方法を記載させて頂きます。排尿の際に不快感があるのが特徴で放置すると再発を繰り返し、治りにくくなることもあるため、早めの受診と徹底した治療が必要になります。

検査

検尿
顕微鏡や機械を使用し尿の成分や性質を分析し、血尿がないか、細菌が入っていないかなどを調べます。また尿を培養し更に詳しく調べます。
超音波検査
腎盂腎炎や水腎症を検査致します。

腎盂腎炎とは

急性腎盂腎炎

腎盂腎炎は、腎盂および腎臓に細菌が感染して、炎症が起こる病気です。尿路感染症の中で一番症状が強く出ます。
急性と慢性があり、急性は単純性と複雑性に分かれます。
単純性腎盂腎炎の多くは、尿が膀胱から、尿管へと逆流する「膀胱尿管逆流」現象によって引き起こされる上行性感染が原因であると考えられています。また尿路結石など他の疾患が理由で起こっている物を複雑性腎盂腎炎と言われます。
症状としては、悪寒や震えを伴なう38度以上の高熱がでます。熱は上がり下がりが激しく、腰が鈍く痛んだり、または、たたくと痛みがあります。尿に膿が混じり、にごりがみられます。このような症状がある場合はすぐに来院してください。症状によっては入院する必要性もあります。治療としては感染した細菌に合う抗生物質を内服して安静に過ごして頂きます。

慢性腎盂腎炎

糖尿病や高血圧、痛風などの病気がある方は慢性的に腎盂腎炎を起こしやすい状況になっている場合があります。活動期と非活動期があり、活動期は急性腎盂腎炎とほぼ同じ症状です。非活動期の症状は、全身のだるさや、微熱、残尿感などがあります。
治療としては慢性腎盂腎炎を引き起こす原因となっている疾患の治療が必要となります。

膀胱炎とは

膀胱には細菌に対する免疫力があるため、健康な状態であれば、感染することはありませんが疲労やかぜ、ストレス、生理、身体の冷えなどにより免疫力が低下すると、膀胱の粘膜に細菌が感染し、膀胱炎を起こすことがあります。また、排尿を長期間我慢したときなども膀胱炎になることがあります。女性は男性に比べ尿道が短いため細菌が膀胱に入りやすい為、女性に多くなります。また再発率も高いです。

急性膀胱炎

症状は、排尿時の痛み、頻尿、残尿感があります。また、尿に膿が混じってにごったり、血尿がみられることもあります。
治療としては、抗生物質を用います。また、細菌を洗い流す目的で、水分を多めに摂取します。

慢性膀胱炎

慢性的に膀胱炎を引き起こす何らかの疾患があることが考えられます。症状は軽いか、自覚症状に乏しい場合があります。
治療としては、膀胱炎の治療とともに、原因となっている疾患の治療を行ないます。

尿道炎とは

尿道炎は、尿道に細菌が感染する事で炎症を起こすものです。男性が尿道炎になる原因のほとんどは性感染症(STD)によるものとされていますが希に女性も感染します。感染は、性行為の際に細菌が尿道に入って感染します。細菌はクラミジアが最も多く次いで淋菌による感染がほとんどです。尿道炎の原因となる細菌は1種類だけでなく数種類の細菌が同時に見つかることもあります。細菌を持っている相手と性行為を行えば必ず感染する訳ではなく、相手が持っている細菌の種類や量によっては1回では感染しない事もあります。
主な症状としては、尿痛、尿道の違和感、尿道からの膿が出るなどがありますが、感染しいても全く症状が無いこともあります。
治療としては、抗生物質の内服が主となり、細菌の種類によって抗生物質の種類を使い分けて行きます。